ジュネリック医薬品とかかりつけ薬局-国保でHOT情報2011年11月号

医療費抑制に効果があるとして注目されている「ジュネリック医薬品」。
その効き目や安全性は実証済みである上、開発費が大幅に削減されているため安価で経済的ですが、まだまだ普及が進んでいないのが現状です。
そこで国保でHOT情報では、ジュネリック医薬品の特徴やメリットのほか、薬に関して気軽に相談できる「かかりつけ薬局」について、(社)鹿児島県薬剤師会理事で(有)センヤクあさがお薬局長の阿久根憲造先生にお話を伺い、11月2日と9日の2週にわたってお伝えしました。

効き目や安全性は変わらずに低価格


-ジュネリック医薬品とはどんな医薬品ですか?

阿久根先生/新薬の特許が切れた後に販売される後発医薬品のことで、先進医薬品と同じ有効成分、効能、効果をもちながら、先発医薬品よりも安いという特徴があります。

-価格が安いことでどんなメリットがあるのでしょうか?

阿久根先生/価格は品目ごとにさまざまですが、患者さんの自己負担が軽くなりますし、医療保険財政の改善にもつながるのです。

-効き目や安全性はどうなのでしょうか?

阿久根先生/それは新薬と同じです。国では先発医薬品と同レベルの品質や有効性、安全性を有するかどうか、欧米と同様の基準で審査しているのです。ただし、薬の形や色、味は異なる場合があります。

「信頼できる薬局や薬剤師をぜひ見つけて、かかりつけにしてほしい」と話す阿久根先生(左)と和田由樹健康リポーター

「信頼できる薬局や薬剤師をぜひ見つけて、かかりつけにしてほしい」と話す阿久根先生(左)と和田由樹健康リポーター

 

2011年11月号のPDFをダウンロード (PDF形式)958 KB

PDFファイルをご覧いただくためには、 Adobe Reader が必要になります。 
下の「Get Adobe Reader」ボタンをクリックすると、ダウンロード用のホームページが表示されますので、ページ右側の「続ける」ボタンをクリックしてインストールを開始してください。 
adobe Acrobat

2011-11-01
カテゴリー: 国保でHOT情報 

カテゴリ:国保でHOT情報

入札情報

受付・支払日
入札情報
制度やしくみ
統計情報
広報関係

ページトップへ戻る

インフォメーション

【所在地】

鹿児島県市町村自治会館
〒890-0064 鹿児島市鴨池新町7-4

鴨池南国ビル
〒890-0064 鹿児島市鴨池新町6-6
Copyright© 鹿児島県国民健康保険団体連合会 All Rights Reserved.