「かからない」「うつさない」ために一人ひとりができること-国保でHOT情報2010年11月号

昨年は新型インフルエンザが大流行し、全国各地で猛威を振るいました。今年も10月から新型・季節性インフルエンザのワクチン接種が始まっていますが、まずは、一人ひとりが「かからない」「うつさない」ためにできる、予防の心掛けが大切です。そこで国保でHOT情報では、インフルエンザの予防法や発症したときの症状、周りの人にうつさないための注意点等について、鹿児島市保健所南部保険センターの竹ノ内裕美子保険師にお話を伺い、11月3日にお伝えしました。

会話ができる距離で受けた咳やくしゃみに要注意


ーインフルエンザにかかると、どんな症状が出るのでしょうか?

竹ノ内保険師/発熱や頭痛、関節痛、体のだるさなど、全身症状が突然現れ、咳や鼻汁など上気道の症状が続きます。通常の風より症状が強いことが特徴です。

ーその感染経路は、どのようになっていますか?

竹ノ内保険師/インフルエンザの感染経路は人から人です。感染者の咳やくしゃみなどに含まれたウィルスを吸い込んだり、ウィルスががついた手で鼻や口などに触れることで感染します。会話ができる距離(約2m)で受けた咳やくしゃみには要注意です。

インフルエンザの予防法等について説明する竹ノ内保健師(写真右)と和田由樹健康リポーター

インフルエンザの予防法等について説明する竹ノ内保健師(写真右)と和田由樹健康リポーター

 

 

2010年11月号のPDFをダウンロード(PDF形式)844KB

PDFファイルをご覧いただくためには、 Adobe Reader が必要になります。 
下の「Get Adobe Reader」ボタンをクリックすると、ダウンロード用のホームページが表示されますので、ページ右側の「続ける」ボタンをクリックしてインストールを開始してください。 
adobe Acrobat

2010-11-01
カテゴリー: 国保でHOT情報 

カテゴリ:国保でHOT情報

入札情報

受付・支払日
入札情報
制度やしくみ
統計情報
広報関係

ページトップへ戻る

インフォメーション

【所在地】

鹿児島県市町村自治会館
〒890-0064 鹿児島市鴨池新町7-4

鴨池南国ビル
〒890-0064 鹿児島市鴨池新町6-6
Copyright© 鹿児島県国民健康保険団体連合会 All Rights Reserved.