正しい知識と対処でインフルエンザから身を守ろう-国保でHOT情報2009年11月号

人類にとって未知のウィルスが引き起こすという「新型インフルエンザ」。
国保でHOTで情報では、発症したときの対処法や、まわりの人に感染させないためのエチケットなどについて、 鹿児島市保健所中央保健センターの松﨑亮子保健師にお話を伺い、10月7日にお伝えしました。

国民の大半が抵抗力をもってない

―今、毎日のように耳にしている「新型インフルエンザ」。その恐ろしさとはどのような点にあるのでしょうか?

松﨑保健師/ 新型インフルエンザは感染力が強く、国民の大半が抵抗力(免疫)をもっていないと考えられています。季節性のインフルエンザよりも もっと多くの方が発病する恐れがあるのです。

―その感染経路はどのようになっていますか? 
松﨑保健師/ 感染者の咳やくしゃみ等に含まれたウィルスを吸い込んだり、ウィルスがついた手で鼻や口等に触れることによって感染します。

重症化する恐れがあるハイリスク者

―さて、新型インフルエンザに感染してしまうと、重症化してしまうのでしょうか?
松﨑保健師/現時点では、ほとんどの方が軽症で回復しています。しかしながら、他の人にうつさないように、一人ひとり意識することが大切です。

―新型インフルエンザは今後も大流行しそうですね。今できることが、ほかにもありますか?
松﨑保健師/ ウィルス自体は弱毒性ですが、多くの方が感染することが予想され、持病のある方や妊婦、小さなお子さん、 高齢者などのハイリスク者は発症すると重症化する恐れがあります。 予防対策はもちろん、感染したときの対応についても事前に、かかりつけ医に相談しておくとよいですね。

こまめな手洗い、うがいでインフルエンザに「かからない」、そして咳エチケットの励行で「うつさない」という心がけを大切に

こまめな手洗い、うがいでインフルエンザに「かからない」、そして咳エチケットの励行で「うつさない」という心がけを大切に

 

2009年11月号のPDFをダウンロード (PDF形式) 4 MB

PDFファイルをご覧いただくためには、 Adobe Reader が必要になります。 
下の「Get Adobe Reader」ボタンをクリックすると、ダウンロード用のホームページが表示されますので、ページ右側の「続ける」ボタンをクリックしてインストールを開始してください。 
adobe Acrobat

2009-11-02
カテゴリー: 国保でHOT情報 

カテゴリ:国保でHOT情報

入札情報

受付・支払日
入札情報
制度やしくみ
統計情報
広報関係

ページトップへ戻る

インフォメーション

【所在地】

鹿児島県市町村自治会館
〒890-0064 鹿児島市鴨池新町7-4

鴨池南国ビル
〒890-0064 鹿児島市鴨池新町6-6
Copyright© 鹿児島県国民健康保険団体連合会 All Rights Reserved.