よくある質問

教えて健康法

口腔保健と全身の健康について -教えて健康法(オーラル編第1回)-

口腔の健康は全身の健康にもつながる

近年、口腔の健康が全身の健康に寄与するというデータが蓄積されつつあります。国の施策を見ても、いわゆる骨太の方針に口腔保健について記載されるようになり、2019年度では「口腔の健康は全身の健康にもつながることからエビデンスの信頼性を向上させつつ、国民への適切な情報提供、生涯を通じた歯科健診、フレイル対策にもつながる歯科医師、歯科衛生士による口腔健康管理など歯科口腔保健の充実、入院患者等への口腔機能管理などの医科歯科連携に加え、介護、障害 福祉関係機関との連携を含む歯科保健医療提供体制の構築に取り組む」と記載されています。このように、口腔保健の向上が健康寿命の延伸に寄与することが周知されつつありますが、では具体的にどのような効果が期待されているのでしょうか。

(さらに…)

2020-06-01

“健診年齢”のあなたが 家族の健康を守る -教えて健康法(レシピ編第3回)-

「食」から健康を考えるこのシリーズも最終回になりました。ライフステージの異なった家族の食をよりよく守るための要は、健診年齢のあなたの“食”です。食生活はちょっとした工夫で家族のそれぞれの年齢にあった食生活を続けることができるかも・・・そのヒントを考えてみましょう。

(さらに…)

2020-03-31

健康の要!『食塩』 上手につきあい『健康寿命延伸』-教えて健康法(レシピ編第2回)-

私たちはおいしく食べるため無意識に食塩の過剰摂取に陥っているかもしれません。
食塩の過剰摂取が生活習慣病に関連していることがわかってきました。
食塩と上手に付き合い、病気のリスクを減らすこと!
減塩を心がけることこそ、健康長寿の秘訣です。

(さらに…)

2020-01-27

“食”こそ予防の トップバッター-教えて健康法(レシピ編第1回)-

“食”こそ予防のトップバッター

これからの健康法は、「先進医療」より「先制医療」。その第一の手段として考えられることが、かねてからの食生活管理です。2008年4月から始まった40歳~74歳を対象とした通称“メタボ健診“もかなり受診率が上がってきたようにも思われます。しかし鹿児島県民は全国的に見ても、病院大好き人間が多く医療費はかさむ一方です。
厚生労働省は5年に一度の『日本人の食事摂取基準(2020年版)』を発表します。今回の変更点の柱は、年齢区分の見直し、それに伴う高齢者の適正体重の評価、フレイル・プレフレイル評価、高齢者のたんぱく質目標量の考え方など、高齢者に関連した変更事項が多くなっています。
もちろんこれは、高齢者の自立を確保するための低栄養・サルコペニア・ロコモティブシンドローム予防を目的としていますが、何よりも大切なことは、高齢者といわれる世代になる前から、しっかりと健康のための食生活を身に付けておくことです。
では予防のための“食”とはどんな事に気をつけたら良いのでしょう。

(さらに…)

2019-11-29

にこにこペースを理解しよう!-第9回教えて健康法(運動編)-

にこにこペースを理解しよう!

私たちの心臓は、起きているときも、寝ているときも、ひと時も休むことなく動き続けています。

心臓が1回の拍動で送り出す血液の量(一回拍出量)は、コップ一杯程度(60~140㎖)。

1分間で5.5ℓ(心拍出量)、1日だとドラム缶40本分の8,000ℓ、人生100年とすると、石油タンカー一隻分にもなるのです。

計算してみるとすごいですよね。

運動すると、心拍数が上がり、息が切れてきますが、私たちの心臓はいったいどのくらいまで動くのでしょうか?

実は、ヒトの最高心拍数は、体力の差に関係なく、「220−年齢」という簡単な計算式で求めることができます。

この計算式によって100%の強度が推測できますので、目的に応じて心拍数による強度の設定が可能になるわけです。

今回のテーマは、「にこにこペース」。

心拍数をコントロールしたトレーニングの理論を理解し、安全で効果的な運動実践に繋げましょう。

(さらに…)

2019-10-02

体幹を安定させて美しい姿勢を獲得しましょう-第8回教えて健康法(運動編)-

体幹を安定させて美しい姿勢を!

長年運動指導に携わっていますと、無意識のうちに、いろいろな場面でヒトの動作分析をしてしまう癖がついてしまいます。
例えば、ウォーキングしているあの男性、お尻周りの筋に左右差がありそう・・・とか、信号待ちのあの女性、脚をクロスして荷重に偏りが・・・腰痛・肩こり大丈夫かな?といった感じです。
何をみてそのように分析しているかというと、「体軸」の安定です。 (さらに…)

2019-07-29

正しいフォームでのウォーキング-第7回教えて健康法(運動編)-

正しい姿勢でウォーキング

スポーツ庁の調査によると、週1回以上の運動を行っている人の割合は、51・5%(平成29年度スポーツの実施状況等に関する世論調査)。国民の約半数が定期的に運動を行っていることになります。

統計開始以降、5割を超えたのは、初めてであり、健康意識の高まりを再確認できるデータですね。

(さらに…)

2019-06-05

血管内皮を守るための食その3-第6回教えて健康法(栄養)-

前号では、「日本人の食事摂取基準」をもとに何をどれだけ食べたらいいかを考えました。
今回は、健診結果で何らかの異常がある人は、どう食べたら良いかを考えます。糖尿病なら、糖の量を抑える、高血圧なら塩分量を考えるなど食の基準は健診結果によって異なります。その基準は、肥満症の場合は、「肥満症診療ガイドライン」、糖尿病の場合は、「糖尿病治療ガイド」、高血圧の場合は「高血圧治療ガイドライン」など、各種ガイドラインがその根拠となります。

(さらに…)

2019-04-02

血管内皮を守るための食その2-第5回教えて健康法(栄養)-

健康を保持増進するための「日本人の食事摂取基準」

前号では、血管内皮を守ることが生活習慣病の予防になり、血管内皮は、食品に含まれる栄養素で作られ、維持されていると書きました。

さて、皆さんは、毎日、食べるものの種類や量をどうやって決めていますか?

日本には、健康の保持増進を目的とした「日本人の食事摂取基準」があり、「厚生労働大臣は、生涯にわたる国民の栄養摂取の改善に向けて望ましいエネルギーや栄養素の量の基準を定める」と、健康増進法に書かれています。これをもとに、考えていきます。

(さらに…)

2019-01-31

血管内皮を守るための食-第4回教えて健康法-

はじめに

「血管内皮」という言葉を聞いたことはありますか?

今、書店、コンビニ等の書籍コーナーで、このことが書いてある本をよく目にします。

話題の「血管内皮」を守る食を考えていきます。
(さらに…)

2018-12-03

入札情報

受付・支払日
入札情報
制度やしくみ
統計情報
広報関係

ページトップへ戻る

インフォメーション

【所在地】

鹿児島県市町村自治会館
〒890-0064 鹿児島市鴨池新町7-4

鴨池南国ビル
〒890-0064 鹿児島市鴨池新町6-6
Copyright© 2020 鹿児島県国民健康保険団体連合会 All Rights Reserved.